スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がんばる、お父さん 2,
_A057105(1)_convert_20101008222621[1]

こちらは上野動物園で、また最近かえった雛。最初は白色です。


_A057098(1)_convert_20101008222843[1]

しばらく経つとこういうふうに・・。
嘴の曲がり具合がフラミンゴらしくなりつつあります。


_A057116(1)_convert_20101008223323[1]

_A057135(1)_convert_20101008224000[1]

もっと前に(8月下旬)かえっていた雛は、もうこーんなに大きくなった(@@;


_A057113(1)_convert_20101008223108[1]

足輪が「青6」のお父さん、
その向こうを歩く別のフラミンゴと比べても
大分、羽の赤色が薄くなった・・。
雛にせっせとフラミンゴ・ミルクを与えているからでしょう。


_A057142(1)_convert_20101008224246[1]

顔色(?)も何となく悪く見えてくるけど、
貧血なんていう事にはならないですよね(^^;?


IMG_0004(2)_convert_20101008224426[1]

母ちゃん、おいら、貧血気味です!
何か美味しいものください!

はいはい、ぶ~さん・・あなたはちょっと黙っていてくださいね。


DSC01747(1)_convert_20101008224950[1]

多摩動物公園のフラミンゴは、色が淡い・・。
ちょっとだけ調べたら
多摩は「オオフラミンゴ」と「コフラミンゴ」でした。
ベニイロフラミンゴとは生息地域などが違うそうです。


※時に「世界一不味い鳥」と形容されることがあるが、現在ではワシントン条約で保護されているため、一般現代人に味の真偽を知る術は無い。

 ↑ こんな一文もあり、へ~っ(@@;と、トリビアの泉のように、
 今ひざの上にいるぶ~さんの頭を、思わず2、3度押しそうになりました~(^^;

スポンサーサイト
がんばる、お父さん
7月に孵った雛は、どうやらヘビにやられてしまったらしい・・。

IMGP3120(1)_convert_20100910202343[1]

でも、今回は大丈夫そう。良かった。


IMGP3139(1)_convert_20100910202525[1]

この、5番の足環の成鳥は、お父さんだそうです。

お母さんも子育てをしますが
フラミンゴの父親は、とても献身的に子育てをします。


IMGP3154(1)_convert_20100910202716[1]

IMGP3159(1)_convert_20100910202843[1]

お母さんもやって来て、ファミリーが揃った♪


IMGP3113(1)_convert_20100910202004[1]

こちらは違う雛で、お母さんと一緒・・
と思ったら、お父さんだそうです。

(父さんだか母さんだか、私にはさっぱり判らないのですが、
知っている方から教えてもらいました(^^;)


IMGP3106(1)_convert_20100910202153[1]

でも、何故かこのお父さんを、やたらとイジメに来るヤツがいます。
雛が踏まれそうでハラハラします。


IMGP3285(1)_convert_20100910203024[1]

でも、そんなイジメには負けずに、一生懸命に
「フラミンゴ・ミルク」を雛に与えます。

カロチンが元になって赤い色をしたミルクです。


IMGP3287(1)_convert_20100910203124[1]

上手に撮れませんでしたが、
雛のくちばしの付けね辺りに、赤い液体がついたのが判るでしょうか?(^^;

お母さんはともかく、
父親も自分の子どもをちゃんと判っているそうです。

フラミンゴお父さん、育児、がんばります p(^^)q


※お父さんは、これからしばらくは
 このミルクをせっせと雛に与え続けます。
 (段々とお父さんのベニイロが薄くなって白っちゃけた色になってしまいます)

※色が褪せると、次の恋のシーズンに
 メスから見向きもされなくなったりするそうです。

 ・・だって、子育てにかけた献身の度合いの表れなのに・・ね(TT)

 見かけだけで判断しないで~、って言ってあげたいよー(+_+)h
 がんばれ、お父さ~ん!

ちょっと苦手
大型の鳥が苦手というわけでは無いです。

P4060045_convert_20100730194827[1]

タンチョウも大丈夫。
赤い小さなベレーを被ったようで、いいです。


IMGP3646(1)_convert_20100730195040[1]

インドクジャクも大丈夫。
羽の色や構成、デザイン・・感嘆します。


IMGP6254(1)_convert_20100730202428[1]

ハシビロコウも大丈夫。
頭の飾り羽が、寝ぐせのようで可愛い。
口角の上がっている(?)ところもいいですね。


IMGP7418(1)_convert_20100730204440[1]

でも、フラミンゴは昔から何だか苦手・・。


IMGP3520(1)_convert_20100729225657[1]

IMGP3356(1)_convert_20100729224356[1]

IMGP7455(1)_convert_20100730204647[1]


顔・・怖いですよ。

これはあくまでも主観です。
フラミンゴ党の方、ゴメンナサイ(><;

IMGP3350(1)_convert_20100729233643[1]

でも、苦手と言いながらも、また時々写真は撮りに行くと思います。

一生懸命に確保した場所に営巣し、今日も抱卵していました。
無事に、元気な雛がかえりますように・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。